あなたの安眠をサポート眠りナビ
nemuri.navi
いま、眠れないあなたに

いびき
眠りを妨げるNG項目

無呼吸症

無呼吸症、正しくは「睡眠時無呼吸症候群」といい、睡眠中に気道が塞がって呼吸が一時的に止まり、あえぐように再開される状態が繰り返し起こることをいいます。通常のいびきは規則的ですが、このように特徴的ないびきをかく場合は、無呼吸症である可能性が大あなたは大丈夫?

無呼吸症の定義
10秒以上の呼吸停止が、睡眠1時間あたり5回以上、もしくは睡眠7時間あたり30回以上発生する場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されるのが一般的です。

無呼吸症の種類
無呼吸を起こす要因は大きく分けて2つ。喉が物理的にふさがる「閉塞型」は、激しいいびきをともないます。もうひとつは「中枢型」といって、脳内にある呼吸中枢の障害によって発症するもの。後者は比較的珍しいタイプで、いびきもそれほど激しくはありません。

主な特徴
心身への影響

主な特徴
無呼吸症特有のいびきに気づく人が周囲にいなくても、以下のような症状がみられたら無呼吸症の可能性アリあてはまるものがないか、要チェック

起床時:喉が渇く/頭がスッキリしない/頭痛がする

日中:眠気が強い/集中力がない/身体がだるい

夜中:トイレの回数が増える/息苦しくて目が覚める

心身への影響
無呼吸によって、睡眠中に何度も目が覚めることで、睡眠が浅く、眠りの質も悪くなります。健康面だけでなく、労働や学習意欲への低下につながることも。
そのことが周囲から「怠け者」と誤解され、うつ病と誤診されることもあるのです
横向きに寝る、鼻呼吸を習慣づける、寝る前の飲酒を控えるなど、自分でできる対策もありますが、それでも治らない場合はきちんと専門医に診てもらいましょう

▲ページトップ
戻る
TOP

(C) 2010 FRANCEBED
All Rights Reserved.