あなたの安眠をサポート眠りナビ
nemuri.navi
いま、眠れないあなたに

視覚で睡眠環境をチェック
眠れぬ原因はコレかも

湿度と温度

寝床の中の快適気候
眠っているときの寝床内の温度や湿度を寝床内気候といいます。
夏の寝苦しさや冬の寝付きの悪さは、こうした寝床内気候がきちんと整っていないからかもしれません。
季節を問わず、布団の中の温度は33℃、湿度50%前後が理想なのです。

気候条件を調整しよう
心地よい温度と湿度をキープするためには、エアコンで調節したり、季節に応じた寝具で工夫を。
ただし健康のためには、エアコンや電気毛布に頼り切らず、タイマー機能の使用や保温性の良い羽毛布団などがおすすめ
そうでなくても、人間は眠っている間に寝返りを打ったり布団の中で丸くなったりしながら快適な状態を保つよう自然と行っているものなのです。

キーとなるのは湿気
寝室内の温度が高くても湿度が低ければかなり快適。
夏にはエアコンの温度を下げることより除湿を優先するのがおすすめ。
また、寒いときに厚着や多くの寝具で汗をかくと、それが冷えてかえって体温を奪いかねないので要注意。
寝具は日干しなどで気持ちよく乾燥させておきましょう。
内部の通気性が良く通気孔も儲けてあるスプリングマットレスなどは、好適な寝具といえそうです。
 
睡眠環境を五感でチェック
TOP

(C) 2010 FRANCEBED
All Rights Reserved.